平熱通信

ここは世界の片隅にすぎないが、いろんなことが起こる。

たかがお散歩、されどお散歩。

 娘と散歩する。

 自宅から通っている小学校までの道のりにある、お気に入りスポットをいくつか教えてもらった。

 そのうちいくつかを写真に撮る。

 ピントを手で合わせているので、ちゃんと撮れているか心配だ。

 子供と一緒に歩いている時に、50ミリという焦点距離はけっこう微妙なのかもしれない。

 愛らしい我が娘にちょっとしたシャッターチャンスがあって、「お、これは撮りたいかも」と思い、自分なりに気に入った距離感で撮ろうと思うと、いちいち子供から離れないとならない。

 「一緒に散歩」というくらいなので、おおむね子供は自分の傍らにいるわけで、写真を撮るたびに離れないといけないというのは面倒くさいし、そんなことをしている間にシャッターチャンスは遠慮なく逃げていってしまうような気がする。

 これはあくまで個人的な見解だが、50ミリは、自分ひとりで、自由に歩いたり止まったりできるような散歩向きなのではないだろうか。