平熱通信

ここは世界の片隅にすぎないが、いろんなことが起こる。

歩こう歩こう私は元気。

 ただただ意味もなく延々と歩きたい気分になり、鎌倉へ。

 ちなみに今週は遅めの夏休みである。10月からもいろいろ大変そうなので、今のうちに気分転換をしておきたいと思ったのだ。

 電車で北鎌倉に向かい、そこから鎌倉街道をダラダラ歩き鎌倉駅へ。

 駅近くの喫茶店でえらく分厚いホットケーキを食べて、江ノ電稲村ヶ崎に向かい、大荒れの海を見ながら由比ヶ浜まで歩いた。

 途中、有名な寺も観たし鳩サブレーも買ったのだが、とにかくモノも考えずにただひたすら歩きたかったのである。

 歩いている間は特に楽しいこともなかったし、強風で砂浜の砂が顔にビチビチとあたって痛かったり、雨が降ってきてあわてたりもしたのだが、帰りの電車の中で、次はいつ来ようなどと考えていたのが不思議である。

 そもそも、「意味もなく延々と歩きたい」という時点で、なんでそんな気分になったのかよくわからない。

 少なくとも今までに関しては、ウォーキングが趣味、ということもなかったし。

 健全に身体を動かして疲れたかった、ということなのだろうか。

 まあとにかく、次はいつ来よう。