平熱通信

ここは世界の片隅にすぎないが、いろんなことが起こる。

ビールとストローの相性について。

 午前中、歯医者に行く。

 治療の時に打たれた麻酔がいつもより強かったのか、それとも今日に限って効きがよかったのかわからないが、顔面右下の感覚が夕方まで戻らなかった。

 昼食時にビールを飲もうとしたのだが、当然のようにダダ漏れである。

 そもそも、治療時のうがいもままならない麻痺っぷりなのに、帰宅していきなりビールが飲めると思うところがどうかしているのだが、とはいえ、開けてしまったビールを捨ててしまうわけにもいかない。常日頃、食べ物を粗末にしないように娘に言い聞かせている私である。それだけはできない。

 ということで、ビールの缶にストローを挿して、口の左側に流し込む感じで飲んでみたのだが、なんというか、そこまでして飲みたいか、という味わいになった。

 味自体は変わらないのだが、ビールを飲んでる感じがまったくしないのだ。

 ……勉強になりました。