平熱通信

ここは世界の片隅にすぎないが、いろんなことが起こる。

いなり寿司には罪はない。

 家族で鎌倉に行く。

 ゴールデン・ウィークということで、どこもここも大変な混みようであった。

 たかだかいなり寿司を買うのに1時間。

 ラッシュ時の山手線以上に込み合った江ノ電

 入ろうとした喫茶店のホットケーキは90分待ち。

 ……鎌倉って、すげえ観光地なんだなあ、と改めて実感した。

 なんとなく、散歩の延長くらいの気分で来たのが間違いであった。

 それにしても、大仏は大きかった。

 子供の頃に見た以来である。

 大きいものというのは、大きいというだけで価値があるというかなんというか、「すげー」と思わせるパワーがあるものなのだ。

 今度はもうちょっと人が少なさそうな頃に来よう。