平熱通信

ここは世界の片隅にすぎないが、いろんなことが起こる。

明けました。おめでとうございます。

 近所の神社へ初詣に行く。

 正月は、娘がずっと寝込んでいたので、この三連休がようやく訪れた正月休みというところだ。

 初詣、といってもこの時期である。神社に正月らしさはミジンもなかった。

 まあそれはしょうがない。家族三人で元気に自分の足で来ることができた、というのが大事なのである。

 娘がおみくじを引いた。吉である。

 なかなか控えめでよろしい。

 ところで、神社に牛の像があったのだが、どういう意味があるのだろう。

 特に説明っぽいものはなかったのだが、神社と牛って、あまり見ない取り合わせのように思えるのだが、そうでもないのかな。

20100109_2