読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平熱通信

ここは世界の片隅にすぎないが、いろんなことが起こる。

これもまたミステリー。

 実家に新年の挨拶に行く。

 だらだらとご飯を食べたり酒を飲んだりして過ごしたのだが、ある時、父が突然、

松本清張の『点と線』を読んだことがあるか?」

 と聞いてきた。

「ない」

 と答えると、

「じゃ、やる」

 と言って、文庫版の『点と線』をくれた。

 まったく脈絡のない展開だったので少々驚いてしまった。

 僕のこれまでの人生で、父と、松本清張やミステリー小説の話などしたことがないのである。

 正月ボケの覚めやらぬある日、ほろ酔いでグダグタ過ごしていたところに突然現れる松本清張

 何故にこのタイミング、この作品、そして近所にはない書店のブックカバー。

 これもちょっとしたミステリー。

 それはさておき。

 実家近くで見かけた看板に、ちょっと転職したくなるような魅力的な商売が書いてあった。

20100110_2