読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平熱通信

ここは世界の片隅にすぎないが、いろんなことが起こる。

どんどん大人になっていく。

夜中に目が覚める。

しばらく眠れそうになかったので、本でも読もうかと思ったんだけど、字が読めない。

難しい漢字が読めない、ということではなく、視界がぼんやりとかすんでいて、見えないのである。

自慢ではないが目は悪いので、常日頃、割と視界はかすみがちなのだが、ここまでひどいのはちょっとやっかいである。

メガネをかけても、愛用の目薬をさしても改善しない。

眠れないのに、こうも見えないと、ベッドの中でじっとしていることしかできない。

これは退屈だ。

結局、朝になるころには見えるようになっていたので、要は、頭や肉体に較べて、目の疲労が回復するのに時間がかかるようになっている、ということなのかもしれない。

眼科の主治医の話によると、ぼくの目の性能はおじいさんクラスらしいので、あり得ない話ではない。

徐々に、しかし、確実に、老いていくのであるなあ。

目をつぶっていてもできることを、何か考えないといけない。