読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平熱通信

ここは世界の片隅にすぎないが、いろんなことが起こる。

眠れぬ夜のために。

「そろそろヘッドフォン復活かなあ」

ふとそんなことをつぶやいたりしたら、それはもう秋も深まり冬一歩手前、というところなのである。

夏場のヘッドフォンは暑い。

なので、夏はイヤフォンの季節なのである。

ちょっと話は変わるけど、世の中には、ヘッドフォンとイヤフォンを同じものだと思っている人がけっこういるようだ。まあ、使い道は同じだし、ごっちゃにして認識したところでそれほど問題はないけれど。

そういえば、個人的には分けて使ったほうがいい単語のように思えるのだけど、アニメのことをマンガと呼ぶ人は意外と多い。

その昔、アニメ番組自身が「テレビマンガ」などと自称していたこともあるので、その影響がまだ残っているということなのかもしれないけど、もう21世紀なんだし……ねえ? と思わなくもない。

スマホiPhoneを別のものとする考え方があることを、ごく最近まで知らなかった。

「ああ、キミはiPhoneなのか、オレはスマホだから」

などと言われ、一瞬混乱してしまったのである。

世の中の携帯電話は、大きくスマホガラケーに分けることができる。

で、スマホは、iPhoneとAndoroid搭載機種に分けることができる(細かくいうともっとあるけどね)。

……というのが私の見解だったのだが、Andoroid搭載機種をスマホと呼ぶことでiPhoneと区別するという考え方は、けっこう支持されているようだ。この場合、スマホという言葉は「その他」に近い意味になるのだろうか。

「ああ、キミはiPhoneなのか、オレはスマホだから」

は、

「ああ、キミはiPhoneなのか、オレはiPhoneじゃないほうだから」

と言っているのとかなり近いのかもしれない。それって、iPhoneからみた相対的な座標でしか自分の立ち位置が表現できない、ということにはならないのでしょうか。Andoroidファンの人はそれでいいのかしら。

……って、何を書いているのだ私は。

理由はよくわからないけど、なんだか寝付けない夜というのがたまにある。

そういう夜に思いついたことは、たいていろくでもないのである。

今日だって、「久々にヘッドフォンを引っ張り出したらコードの状態がよくなかったので、交換用のコードを買いに行きました。ヘッドフォンが登場するようになると、私の中ではもう冬です」みたいなことが書きたかっただけなのである。