読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平熱通信

ここは世界の片隅にすぎないが、いろんなことが起こる。

サロンパス同好会発足(会員は一人と一匹)。

雑記
最近サロンパスを愛用している件を、とうとう家族にカミングアウトした。
サロンパスを貼り始めた頃、その独特のにおいに気づいた家族が「どこからか病院のにおいがする」という勘違いをしたのが面白くて、しばらく放置していたのである。まあ、いつかは本当のことを話さないとな、とは思っていたんだけど、なんとなくタイミングがつかめなくて、ずるずると時間が経過していたのだ。

ところが、そうも言ってられない事態が発生してしまった。
家族が「犬から異臭がする」と言いはじめたのである。
試しに、犬の背中に鼻先を埋め、においをかいでみると、ほんのりとサロンパス臭。
夜中から朝にかけて、僕のそばで過ごすことが多いので、におい移りしてしまったのだろう。
こうなると、さすがに犬に申し訳ない、ということで、あわてて釈明をした次第である。

それにしても。
犬って、人間の数千倍の嗅覚を持っているのではなかったか。僕から発せられるサロンパス臭、犬はガマンしてくれているのだろうか。
同じにおいを身にまとうもの同士という強い連帯感を感じたりして、飼い主的には悪い気はしないのだが。