平熱通信

ここは世界の片隅にすぎないが、いろんなことが起こる。

わはは。

ネット用語的にいうところの密林からマンガが三冊届く。わはは。

先日、そのⅡを買った『ワタシの川原泉』シリーズの残り三冊(Ⅰ、Ⅲ、Ⅳ)を買ったのである。わはは。

それをずっと読んでいたら、いつのまにやら日付が変わりそうな時刻になってしまった。わはは。

 

これは困った、ブログはどうしよう、と思いつつ、ふと気づくと件の本をぺらぺらとめくってしまうのだ。わはは。

 

僕にとって川原泉は影響力が強い作家なので、知らず知らずのうちに、語尾に「わはは」などという言葉がくっついてしまうのであった。わはは。

 

……だって本当に面白いんだもの。

「好きだよ」

「好きだよ」

「好きだよ」

「ほんとかよ」

「ほんとかよ」

「ほんとかよ」

(『森には真理が落ちている』より)