読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平熱通信

ここは世界の片隅にすぎないが、いろんなことが起こる。

すべては想定内。

雑記

ええ。今日は休日出社でした。

ちょっと寝坊しちゃって、起きて15分後にはウチを出るって感じだったんですけど。こんなにあわただしいのは久しぶりだったな。オレ、意外と手際いいじゃん、みたいな(笑)。

まあ、休日出社の時って、そんなに勤怠厳しくないんですけど、一応、9時には会社に着きたかったんですよね。はやく仕事が終わればそのまま帰れるので、はやく出社したほうがいいっちゃいいんですよ。

なので、昼メシは買わずに行きました。会社の休憩室にある自販機でも買えないことはないし。まあ、せいぜいパンとかカップ麺くらいしかないんですけど。

 

小銭と1000円札が財布に入ってないことに気付いたのは、お昼ちょっと前だったかなあ。正確に言うと、1円玉とか5円玉とか5000円札はあったんだけど、「自販機で使えるお金」が入ってなかったんですよ。それはもう、わざとそうしたのか!って言いたいくらいきっぱりと。我が財布ながらあっぱれ!という感じでした(笑)。

 

いえ、全然困りませんでしたよ。

誰かにお金を借りるということもなかったです。そもそもフロアにふたりしかいなかったし、あ、僕も含めてってことなんですけど。もうひとりの人は今まで話したことのない女の人だったから、いきなり借金を申し込むわけにもいかないじゃないですか。

 

で、まあ、そのまま夕方の4時半まで仕事してました。ちょっとトラブっちゃたりして、けっこう忙しかったんですよ。

朝メシも昼メシも食べれなかったけど、特に困りませんでしたよ。一応、そういうことも想定して行動していたので。危機管理っていうんですか? 社会人の必須スキルですよね。

 

そうなんです。

こういうこともあろうかと、今日は二日酔いになるように調整して、昨日、多めにお酒を飲んでいたんですよ。それも、ビールやらサングリアやらワインやら、ちょっと悪酔いしそうな組み合わせで。

二日酔いになると、空腹感とかなくなるじゃないですか。

ひょっとすると、今日、メシを食いそびれることがあるかもなあ、と思って、一応、そうなるように準備していたんです。

備えあれば憂いなしってね。

 

……負け惜しみ気分で書いてみた。

会社からの帰り、コンビニでホットドックとミックスナッツとビールを買った。ビールといいつついつもは発泡酒やら第3のナントカやらを買うのだが、今日は奮発して本物のビールを買った。緑色のカエルの絵が描いてあるやつだ。

どれもものすごく美味かった。