読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平熱通信

ここは世界の片隅にすぎないが、いろんなことが起こる。

名警部登場。

雑記

結局のところ、週末に実家に帰ることになった。
父のパソコンから消えた電源スイッチを探さなくてはならない。
父には現場をできるだけそのまま保存するように命じておいた。父の部屋は今、蟻一匹出入りできる隙間もないはずだ。「KEEP OUT」と印刷された黄色いテープで部屋のドアがふさいであるかもしれない。

明日、僕は現場に颯爽と登場し、電源スイッチを探すだろう。しかし捜査は困難を極め、やむなく捜索範囲を拡大し、1階の台所まで調べることになる。
なんとなく妙な胸騒ぎがして、まさかと思いつつ床下収納のフタを開ける。そこには地下に続く長い階段。
こんなものは、俺がここに住んでいるときにはなかった。おそるおそる階段を下りる。
地下には巨大な印刷工場があった。無人の工場に印刷機の音だけが響きわたる。何を印刷しているんだろう。俺は当初の目的そっちのけで、印刷機に近づく。

印刷された紙を手に取る。
そこには見慣れた顔がいくつも印刷されている。
福沢諭吉
数十枚もの1万円札が印刷されているのだ。つまりこれは……、
「ニセ札だ」
俺は思わずつぶやく。これは裁断する前のニセ札なのだ。 あたりを見回すと、世界中の紙幣が印刷されたシートがある。俺は激しく混乱し、誰もいない地下工場で叫んでいた。
「世界中のニセ札だ。スイッチを追いかけていてとんでもないものをみつけてしまった! どうしよう!」

あ。
テレビで放映していたアニメ映画につられて、ついついデタラメを書いてしまった。どうしよう。