平熱通信

ここは世界の片隅にすぎないが、いろんなことが起こる。

想定外の涙。

 三木聡の映画は好きだ。

 でも、面白いと思ったことがない。

 ……なんとなく、もんのすごく的を得た感想を書いた気になっているワタシだが、『ダメジン』を観ていたらちょっと泣けてきた。  『ダメジン』って、泣くような映画じゃないんだけどなあ。

 泣くような映画じゃないんだけどなあ、といえば。  去年、『めがね』を観ていたときも、不思議と泣けてしまって困った。  泣くような映画じゃないのに泣けてしまった時には、自分でも気づかないような、泣けてしまった特別な理由があるのかもしれない。

 何年か経ったら、またこの映画を観てみよう。