平熱通信

ここは世界の片隅にすぎないが、いろんなことが起こる。

6本指。

 知人が5本指靴下を使用しているというので、

 それって普通の靴下よりも優れたところがあるのか、

 そもそも履きにくくないのか、

 というあたりを訊ねようと思い、キーを叩いていた。

 出来上がった文章を見ると、そこには、

「6本指靴下」

 という言葉があるではないか。まあ、単なるミスタイプなのだが、突然シュールというか、ファンタジーというか、どこかにある境目を越えてしまった世界というか、なんとも独特のムードのある文章になってしまった。

「6本指靴下って、履きにくくないんですか?」

 という問いに、

「6本で文句なんか言ってられないっすよ。ウチのオヤジの世代はみんな9本でしょ、あれにくらべたらねえ」

 なんて返信があったらどうしよう。