平熱通信

ここは世界の片隅にすぎないが、いろんなことが起こる。

夏の先行投資。

 実家に帰り、畑にバジルの種をまく。

 正確にいえば、実家で借りている市営の小さな畑に、娘がバジルの種をまくのを見に行く。

 片道2時間かけて、種まきは5分。

 それくらいの、小さな畑である。

 夏になれば、見事に育ったバジルを収穫し、娘と実家の連中が大量のバジルペーストを作る。

 このペーストを使ったパスタを山ほど食べるため、片道2時間かけるのだ。

 そもそも、バジルなんてただでさえ美味いに決まっているのに、それを家族がペーストに加工するのである。

 楽しいったらありゃしないのだ。