平熱通信

ここは世界の片隅にすぎないが、いろんなことが起こる。

bloodshotだぴょん。

His eyes are always bloodshot.
(彼の目はいつも充血している)

「充血」という言葉を、携帯の辞書アプリで検索してみると、こんな例文が書いてあった。

bloodshot.

……なんだか響きがカッコいい。

僕の目はいつも充血している。
そこにはささやかな理由があり、現在のところの予想としては、おそらく一生、充血人生を送ることになる。最初はけっこう気になったけど、今はこれが普通の状態だたと思っている。
カラスは黒、シロクマは白、パンダは白黒、僕の目は赤。
それだけのことで、特にこれといった問題はない(まあ、多少見栄えは悪いけど)。

とはいえ、見慣れない人にはちょっとインパクトがあるようで、

「どどどどうしたんですか、目、真っ赤ですよ」

などと心配されたり、

「おいおい徹夜明けかよ、何してたの」

などとからかわれることが時々ある。
心配されてるにせよからかわれてるにせよ、目が赤い理由を聞かれているわけなので、うまいこと回答したいのだが、なかなかいい答えが思いつかない。
こういうとき、馬鹿正直に、

「あ、目の病気やってまして」

とか、

「これがアナタ、治療用目薬の副作用なんでやんすよ」

とか答えてしまうと、相手はおおむね、「しまった」という顔をして、伏し目がちに謝られたりするのである。

こちらとしては普通のことを普通に説明しているだけなので、謝られてしまうと申し訳ない気持ちになる。
とはいえ、謝ってしまう気持ちもわかる。

なんとか、相手に謝罪の気持ちを起こさせず、この会話を終わらせる回答はないものか。この際、多少のウソが入っていてもかまわない。

いっそ、

「実は僕、ウサギの生まれ変わりなんだぴょん」

などと言ってみるのはどうか。
なんなら、両手をウサギの耳に見立てて頭頂部両脇に置き、そろえた指先をピコピコ動かしながら言ってみてもいい。

どうだろうか。

ダメにきまってるじゃないか。